雨のロサンゼルスは大変!大変!

◆2010年12月21日◆

今日のロサンゼルスも雨です。
1週間以上雨が降り続いています。
こんなことはとても珍しいです。

ロサンゼルスは1年365日中330日ぐらいは晴れています。
雨が降るのは、12月~3月ぐらいの冬の間だけ。

冬といっても日本のように寒くはなりません。
雨が降っていても気温は15度ぐらいはあります。

この1週間で今シーズンのほとんどの雨が降ってしまうそうです。
ということは、これから雨が降らないということ!
うれしーーー!!

雨が降ると外に出かける気もなくなってしまいます。

さてさて、こんなに雨が降らないロサンゼルス。
雨が降ったら街中大混乱です。

まず、雨の運転に慣れていないので、普通の感覚で車を運転する人が多く、至る所で事故が起きています。
そしてそれに伴い大渋滞。

次に、道路の水はけが、日本のように良くありません。
道路に排水溝がないので、交差点には水溜りを通り越し、大きな池ができてしまいます。

このロサンゼルスでは、傘を持っている人があまりいません。
というより、傘は売っていないのです。
ですので、雨が降ったら、基本的に外に出ません。

大学の場合、雨が降ると来る学生が激減します。

売っている傘といえば、パラソルサイズの大きいもの。
日本のようなビニール傘はありません。
そして100円程度で傘は売っていません。

基本的に車社会なので、傘は利用せず、
ちょっとの間ならどんな大雨でも傘を差していない人ばかりです。

そして、うちの家は雨漏りをしています。
そういえば、前に大雨が降った時も雨漏りがしていました。
でも、ずっと晴れているので、忘れてしまっているのですよね。
雨漏りがしていたことを……。

きっと今年も修理はせず、忘れてしまうのだと思います。