クリスマスは、「小サナ恋人」のトシコムトーさんと♪

◆2010年12月25日◆ クリスマス☆♪ アメリカのクリスマスは、家で家族と過ごす日。 お店もモールもレストランもスーパーも、ほとんどが開いていません。 そんなクリスマスの日、私たちは大好きな友達「トシコムトー」さんの家に遊びに行ってきました! そう、かつて一世を風靡したあの漫画家「トシコムトー」さんです。 ちっちゃい女の子ハナコと、大きくスラーとした男性タローの恋の物語を描いた「小サナ恋人」が、 約50年前日本で大ブレイクしました! 急に行くことになったので、クリスマスディナーと思い、 チキンとケーキ、ワインを買っていきました。 でも、大変ですよ。 今日はクリスマスですもん☆ スーパーは基本的に開いていません。 ネットで調べて開いているスーパーに行きました。 行く途中の道はこんな感じで、閑散としていました。 車は全く走っていません!! スーパーに行ったのが3時半。 チキンはもう2つしか残っていませんでした。 ケーキはクリスマス用のデコレーションのものがいっぱいありました! これを持ってトシコさんのおうちへ。 トシコさんもご飯を作っていてくれたので、私たちが買ってきたのと一緒にディナー。 買ってきたケーキも食べます。 トシコさんの家から見える風景。 こんな素敵なところに住んでいるんですよ~。 トシコさんの生き方は、私たちが今までお会いした方の中で一番衝撃的です。 情熱的でアクティブ。 とてもとても素敵な方なのです。 トシコさんはいつもこう言います。 「アメリカは自分が何かをやりたいと強く願えば、面白いほど扉が開く国。だから面白い」と。 トシコさんの生き方は、「人生は片道切符」という本になっていて、大映ドラマでドラマ化されています。 「内向き」と言われる日本の若者にトシコさんの生き方を見せてあげたいと、私は思っています。 楽しいクリスマスになりました~。 Thank you!