第163回「ほとんどタダ」2010/01/06放送

メキシコの野菜:トマッティーロ
メキシコの野菜:トマッティーロ
  第163回「ほとんどタダ 友人の話。 メキシコで物を売る人に声をかけられました。 その時の言葉が、「ほとんどタダ」。 「ほとんどタダ」と言いながらついてくるので、いくらなのかと聞いてみたら、 日本円にして20円。 うん、確かにほとんどタダ。
また同じ友人の話。 彼女はロサンゼルスに住んでいますが、一切英語を話しません。 でも、誰とでも完璧にコミュニケーションが取れています。 相手と話したいという意思があれば、言葉は関係ないのです。 その方は、言葉よりもっともっと大切な、 人間同士のコミュニケーションの仕方を知っている人なのです。
彼女は、世界中を旅しています。 そして、現地の人たちに溶け込もうとします。 ある時、道を歩いていたら面白そうなものを食べている人がいたので、 「それを食べたいのだけれど、どこに売っているの?」と声をかけました。 もちろん日本語で。 すると、見慣れない国の人がそんなことを言うので相手の人も喜んで、 それを売っているところに連れて行ってくれて、 同じものを注文。 そしておごってくれたそうです。 人と人とのコミュニケーションは言葉なくてもできるものなのですね。